週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

草野球、リーグ戦参加しながら求められる「個」について考えてみた

   所属しているチームのリーグ戦に参加してきました。

 
 
   f:id:watakenken:20141012202221j:plain
 
 
 
    早朝から北千住の 街を駆け抜けます。
 
 
 
    結果的に試合は大勝しました。
    途中出場ながら1打数1安打1打点1盗塁を決めました。
   おー1尽くし…www
 
 
    久しぶりの途中出場で思うことが一つ。
    「チームにとって自分は何ができるか」
 
 
    高校野球のようなうざったい熱さをはらんでいますが、
    草野球にも必要だと思います。
    
 
     
 
    せっかく週末を野球に自主的につぶしているわけです。
    どうせだったら勝ってチーム全体で勝利を祝ったほうがいいと思います。
 
     そうしたチームの勝利に必要なのは
 
 

     詰まる所は個の力!!by本田圭祐

 

    これだと思います。

     できること、できないことを明確にする。

     野球はこれが鉄則だと思います。

    単打しか打てない打者に長打を期待するのは酷。

    長打を期待された打者にバントなどの小技は酷。

     草野球の世界はできなければできないと言ったほうがチームのためになる。そして、できることは

    俺がやるよ!!!!

     と言ったほうがいいと思います。

 

      部活と違って週末だけ顔をあわせるチームですから、そっちの方が戦略を建てやすい。

       私個人としては、多少の守備に目をつむってもらって、攻撃に重きを置くと宣言しています。

       (本当は守備もしっかりやりたいけれど、現在肩いうことをきかない…)

 

        でもこうした考え方必要だと思うんだけれどもなぁ…