週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

草野球で探せるメンター

    草野球の助っ人に伺うとついつい感じてしまう…
    どのチームに入っても、当然のことながら自分よりも上手な人がいます。


    ついつい比べちゃう自分はこのチームの中のどのくらいのレベルなのか。

    でも考えてみるとそんなこと考えて野球が楽しくなるかというと楽しくない。
    逆に
   


    プレッシャーを感じて面白くなくなっちゃう。




    いや、それじゃあ意味ないんですよね。
    おもしろいからやってるんもんだから。

    初心者から甲子園出場者レベルまで
    子どもから大人まで


    みんあが楽しくなるのが野球ですから。




    大事なのは謙虚な姿勢。
    いろんな所から学ぶ姿勢。
   これだとおもう。



     上手な人がいたら、一つでも技を盗むために食い入るように観る。
     そう大事なのはメンター


     なぜメンターを持つと良いのか?


    1  自分のプレーの技術レベルが上がる




      どうしてあんなプレーができるか見学する。
      気に入った選手のプレーを真似してみる。
      どんな物事においても上級者のプレーには無駄なところがなく、見ていて
      ほれぼれするものがあります。

      見て真似をし続けるだけでも技術向上につながるはずです。



If:id:watakenken:20141022233101j:plain

     2   自分の目指す目標になる


      当然のことながら、そうなりますよね…。
      しかし、そういう人に限ってかなり魅力的な人が多いと思うのは自分だけでしょうか?
      職場の人間関係とはまた違う人間関係の中で、
     憧れる人出会うというのも面白いですよ!!
  

    

      まとめ

       どんな物事においても自分の目標となる人を、見つけることはいいことだと思います。
       自分の中で力量をたかめうようとしたら、上のレベルでプレーしないといけないです。
       草野球を通して人生のメンター探しを!!





       追記

        トレランの大会が近づいて走りこまないといけないのに、
        仕事で時間がとられない…どうしようかなあ…