読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

ロロノア・ゾロに共感する。俺はまだ強くなれる!!トレランでこれから鍛えたい3つのこと

 第1回「秀麗富嶽十二景」扇山~百蔵山トレイルラン走ってきました。


八王子に前泊し、

f:id:watakenken:20141103205223j:plain



いざ会場へ。



f:id:watakenken:20141103205559j:plain


今年走った中で最長の25kmです。
全体の39位でした。
まだまだ強くなれると感じたRUNでした。
課題が明確になり、本当これからが楽しみ。

他の人にも通ずるものがあると思うのでシェアします。



  1. 下りに強くなろう
  2. 登りは休むチャンス
  3. レース全体を計画的に

  1. 下りに強くなろう
    トレイルランナーがぶつかる壁も一つは、登りではなく下り。
     転倒の恐れもあり、ついついスピードを緩めたくなるでしょう。
    しかし、一番スピードが出て、タイムが稼げるのが下り。

    初心者の方は意外と目を向けませんが、下りに練習の重点を置くべきだと
    思います。下り真剣にやらないと、一度マジで滑落しかけた経験があります。



    2.登りは休むチャンス

    これはもしかしたら私だけかもしれませんが…、
     登りは休むチャンスです。
    トレイルラン差を詰められるのは確実に登り。
    ロードを走る人は登りもクソまじめに同じペースで
    登りますが、無理です。

    トレイルランニングには本当にきつい登りも出てきます。
    しかし、歩いていこうと考えると、楽です。
     登りはゆっくり休み休み…逆に息を整えるチャンスと
     そんな考えの方が、うまくいく感じがします。


     3.レース全体を計画的に


      本当に今回は計画的にレースが進められました。
      主に


      ・パックに積み込んでいく水分の量
      ・レース全体のペース
      ・前日の過ごし方
      ・アップの仕方


     など、本当に本当にうまくいきました。
     計画的に物事を進めることは本当に必要。
     走ってない瞬間も強くなれる。

    


         本当に頭使います。


   


      

      もっと具体的に強くなる方法をアップしていきたいです。

      むしろ、他のトレイルランナーがどんな方法で強くなっていくか知りたい。

       本当、まだまだ強くなれるとワクワクしています