読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

草野球数球団を渡り歩いて感じる、チームの機能のさせ方

f:id:watakenken:20141110202636j:plain


いよいよ侍JAPANが動き出しました。


次回のWBCに向けて、また、2015に開催予定でもあるプレミア12
(世界ランキング12位以上によるプロ主体の世界大会)

のためにも主力選手を発掘する良い機会となるはず。



早速1試合目の日本代表対ソフトバンクホークス日本ハムファイターズ
試合を観戦。



そこで思った雑感…。


                 いかにして個の力を融合させてチームにさせるのか


侍JAPANの初戦は、ソフトバンクホークス日本ハムファイターズ連合軍にまさかの敗戦。
しかも相手は準レギュラークラスのチーム。
反対に侍JAPANは12球団のレギュラークラス、もしくは日本を代表する選手たちの集まり。
負けた要因がいろいろあるだろうが、個人的には



                 チームとして機能していない    

  これが要因だろうと思う。


  チーム結成してわずかな時間にやらなければならないことが多すぎる。
   



                 1   チームへフィロソフィ(哲学)を定着させる

      このチームがどういうチームなのか全員で共有する必要がある。
      野球では要所要所で判断が必要となる。もちろんセオリーはあるが、
      正解はない。
      そういうときに必要な判断基準はチームのフィロソフィだ。



      このチームは攻撃的だからガンガン初球打ちOKとか


       とにかく1点とって逃げ切るから慎重に行くのかとか


        投手が強いから、とにかく先制点が欲しいとか





          そうした判断の基となるフィロソフィがよく見えてこなかった。


            2      レギュラーは誰にするべきか

           チームのフィロソフィが決まってないのだから、レギュラーも決まってないと
           いう状態でしょうか。



           例えば、ショート。



            坂本の守備も年々改善されているが、守備力では今宮の方が上な気がする。
            もちろん攻撃力でいったら坂本の方が長打はある。
            しかし、1点を取りに行く野球なら今宮のバントも捨てがたい。



            などなど、決まらない所が多い。

            短期間で決まるはずはないのだ。

            小久保監督の苦労…いかほどか…。



           3      人間関係にストレスは感じなくなったか



            野球というスポーツ柄、先輩の言うことは絶対。
           という節がある。

             いくら侍JAPANといえど、未だにそうした概念が存在しているようにみえる。




           仲良いメンバーでプロジェクトを進めたほうが上手くいったという感じはしないだろうか。



            決して周りに仲良しのイエスマンだけを揃えると言っているのではない。
            




             互いの役割を理解してこそチームワークが機能する。


             だから仲良いチームはつよい。


             ほら、草野球でも見知らぬチームでやるときは、多少遠慮しちゃうし。

             実力がだせないんだよ。

            日が進むにつれ、チームワークも向上するだろ。強いチームは先輩だろうが、何だろうが、
            仲良くなっていく。

            
            

     まとめ

     チームを強くするためには

     哲学を広める→レギュラーを決める→チームワークを作る

      この作業が徹底されないといけないと思う。


       時間がないなかでアメリカを迎え撃つ侍JAPAN

       頑張れ!!