読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

【クライミング日記】初めてコンペに参加してきた件 その1

 ボルダリング初めてから約1年。

はじめてコンペに参加してきました。

 

 

 コンペ
1.
ゴルフで、競技会。
2.
建築で、一定の課題を出して複数の設計者に競わせること。競技設計。
▷ competition から。

 

参加したのは、Rockyクライミングジム船橋で毎月行われている

BEASTというコンペ。

 

f:id:watakenken:20170205080057j:image

 

 

詳しくはこちらから 

BEAST BOULDERING SERIES/BBS blog

 

 

今回参戦したコンペの形式がこんな感じ。

 

 

◆オンサイトベルトコンベアー方式とは◆
競技開始まで課題を下見することは出来ず、アイソレーションルームという決められた場所でそれぞれの競技時間まで待機します。登る直前まで課題を見ることはできません。
自分の競技時間になると呼び出されます。
そこから4分間という制限時間の中で初めて見た課題に一人で向き合います。
つまり、参加する選手は1人でその課題も壁も占領する贅沢な空間に解き放たれます。
そして、セッション方式とは違いたくさんの選手がいる中で課題の順番待ちをすることもありません。
また、たった一人の選手が1つのエリアにいるだけなので、仲間内での撮影も応援もストレスなくできます。
選手は与えられた4分間の中で課題を見て戦略を立てて完登を目指します。
4分経ったら4分の休憩をはさみ、また初めて見る次の課題に4分間トライ。
それをBBSでは合計4課題分繰り返します。
順位は4課題の中での完登数、完登までのトライ回数、ボーナス獲得数、ボーナス獲得までのトライ回数で優劣をつけます。

 

初心者1人でも気軽に参加できました。

今回参加したクラスがファンクラス。(6級から4級)

 

普段のロッキーなら、4級課題も落とせているし、3級課題も落とせていたので、

余裕だろうと思い、参加。

 

 

 

まずは、電車で船橋駅まで乗り継ぎ…

 

 

到着。f:id:watakenken:20170205080832j:image

 

 

受付を済ませ、待機室へ。

 

中は、写真が撮ることすら許されない緊張感。

出番1時間以上前から待機している選手もいました。

自分の甘さを痛感。

みんな殺気だってる。

アップ入念に行っている。

すぐに自分もアップ開始。

 

10分ぐらいアップをしていると、

スタッフさんから呼んでもらいました。

 

「出番ですよ。」

 

そこで、早速会場へ。

課題と初お目見え。

え?これ4分以内に登るんですか??

6級から4級課題と聞いていたのに、これ難しいすよね?

 

という課題。

写真撮れなかったので脳内イメージはこんな感じ。

f:id:watakenken:20170205081613j:image

 

いや、ちょwww

 

 

続く