週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

【モバイルボヘミアン】×【野球】の組み合わせで考えてみたら結局【プロ野球選手】じゃねーかと思った話

 野球に行く電車の中で本を読む。

 

 

 

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

 

 

好きなことをして生きる。

自分が好きでやっていることが仕事になっていく感覚なんだと思う。

現在、どっぷり草野球にはまっている私ですが、

草野球も、考えてみれば巨大なマーケティング

毎週末、1チーム9人以上の男たちが試合を行なっている。

グラウンド代、球場代、道具代…なかなかいいお金が動いていると思う。

 

これはビジネスになるのでは…?

 

ただ、野球って初心者にはかなりはじめづらいスポーツ。

グローブ、ユニフォーム、スパイク、バットなど揃えようと思うとバカにならない。

フットサル、ボルダリングみたいにとりあえずシューズだけとか女子と一緒に

みたいにならないし、

 

ランニングみたいに揃って練習会→飲み会

みたいにならないし。

 

なんか、野球って、考えてみると大人から始めるのには難しいのかもしれない。

ここら辺を改善するともしかしたら新しい野球のマーケットになるのでは…。

 

バスケットでは、【ストリートバスケ】×【DJ】の

SOMECITYというオシャレイベントがある。

ストリートボールリーグ 「SOMECITY」| 3on3形式のストリートバスケリーグ

 

くっそオシャレ。

 

 

野球でも【草野球】×【DJ】を組み合わせたトーナメントなんてあったらと

個人的には思う。

観客は、酒持ち込んで飲みながら観戦して、応援する。

大会中は、個人で経営されてる店が出店し、料理を出す。

プロ野球みたいじゃなくても、

実際にプロスポーツの経営を勉強するような人たちに実践の場を提供し、運営する。

 

そんな楽しみ方はどうだろうか?

 

 

野球やらない女子でも野球を観に食や酒、音楽を求めに応援に来る。

そこで、特定の選手を応援する。

そんな野球の遊び方。

 

 

でも、よくよく考えてみたら、

プロ野球が今やっていることと

そんな変わらない…