週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

草野球初心者に伝えたいマナーについて【グラウンド整備編】

    試合終了後には、グラウンドを整備します。

    公式戦ならば、暗黙のルールとなっている感じがありますが

 

    基本的には勝ちチームが行います。

 

     練習試合ならば、両チームが行います。

     ただ、練習試合であっても勝った方のチームがグラウンド整備に行った方が良いと

     思います。

     練習試合出会ったとしても、負けたチームにグラウンド整備までさせるのは、いくら大人の

     遊びだとは言え、死者にムチ打つ行為なようなものだと感じます。紳士的じゃない。

 

 

     これから草野球を始める方、

     もう草野球を始められてる方に、

 

     私は声を大にして言いたい。

 

 

 

 

      試合終了後が1番忙しい。

 

 

       試合が終わったら次に使用される方に気持ちよくグラウンドやベンチを使ってもらうために

       すぐに撤収する準備をしてください。

 

        何人かで道具を運べば、すぐにできます。甲子園の高校球児を見てください。

 

 

        また、勝ったら勝ったですぐにグラウンド整備に行きましょう。

        たまに相手チームの方で、気を利かせて

        「グラウンド整備大丈夫ですよ。」

 

         と言ってくれている方がいます。

         自分も同様なことをしますが、それ心の中では

 

 

          「勝ったチームのくせにグラウンド整備までろくにやらない、

              こんなマナーの悪いチームにだけはなりたくねーな…」

 

          とディスられている可能性もあります。

          トンボを譲り受けてすぐにグラウンド整備をしましょう。

 

 

          たまに、大人になってから草野球を始めた方で、よくグラウンド整備もわからないから

         と準備や片付けに積極的でない方が見かけられます。

          しかし、いつまでも手伝わないのでは一向にわからないままだと思います。

          しかも少しずつチーム内で『あいつだけなんで手伝わないんだよ。』

          確実にチーム内ディスの対象になります。

          それはチーム内の不協和音となり、チーム解散むけての遠因ともなりかねません。

          いくつかそういったチーム現に見てきました。

         そういう方がチーム内にいたら、声をかけていきましょう。

 

 

         まとめ

            初心者であってもグラウンド整備しましょう。

            マナーです。

            対戦相手、チーム内の人とも気持ちの良い関係性をグラウンド整備から

            築きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

      

     

 

 

【野球日記】2017 シーズン 2試合目

 

f:id:watakenken:20170221221411j:image

 

 

2試合目。

 

流山の河川敷にて。

 

 

1番捕手でした。

 

 

 

アンダースローの投手からヒット打てたし、

 

長打も出たし、

 

2盗塁も決められたので良かった。

 

 

5打数3安打2打点2盗塁。

 

通算で9打数5安打  3打点 2盗塁

【トレラン日記】 おんじゅくオーシャントレイル10マイルレースは初トレイルレースにオススメ

  ロードからトレイルランへ。

  トレイルランが流行ってるからレースに出てみたい。

 

  そんな方へオススメできるのが、おんじゅくオーシャントレイル10マイルレース。

第5回イセエビCUP おんじゅくオーシャントレイル10マイルレース | 5th Onjuku Ocean Trail

 

理由1      比較的なだらかな走れるコース

   おんじゅくオーシャンとれいるのコースは、比較的走れる区間が多いです。

   登り坂もありますが、その分の下り坂もあり、飛ばせます。

   よく言われるのがトレイルの距離はロード+10kmくらいをイメージすると良いなんて

   言われますが、このコースはロード10マイルのタイムとほぼ変わらずに来られるコースに

   なっている感じでした。

 

 

理由2     スタートが10時とちょうどいい時間帯

   ロングコースになってくると、朝早くの時間帯からスタートするレースもあります。 (朝5時とか)

  トレランの醍醐味っちゃあ醍醐味なんですが、いきなりそんなんそ無理という方は、

   午前中の遅めスタートの大会がオススメ。

   関東のレースだと千葉県で行われているレースはほぼ午前中の遅めスタート。

  電車乗り継いでトレイル走ってお風呂入ってビール飲んで…

  という至極のレースプランがたてられます。

   

 理由3     装備そんなに入らない

    『トレイルランっていうと、ザックとか水飲む奴が必要なんでしょ。』

     という、人が多いです。しかし、このレースならばザックなくても完走できます。

     装備品持たずに走ってらっしゃる方もほとんどでした。

     シューズも下手するとロードで走るシューズの方々も…

 

     個人的には、最低限シューズはトレイル用のシューズを勧めています。

     マジでトレイルは滑る可能性もあるので。

      しかし、それ以外の装備が準備できなくても何とかなるのがおんじゅくオーシャンの

     コース。

     もちろん、雨が降った時は、雨用の装備が必要ですが、

     晴れのレースの場合、ロードと変わらないスタイルで走ってるランナーさんも多かったです。

 

 

  最後に…

f:id:watakenken:20170219075244p:image

 

大会当日、日テレが大会の様子を取材していました。

人気なんだそうです。

こちらから当日のレースに様子を動画で見ることもできます。

 

気になる! | news every.−「ミンナが、生きやすく」− 

 

【トレイルラン日記】おんじゅくオーシャントレイル10マイルレースに出場してきた

 今年の初レースは【おんじゅくオーシャントレイル10マイルレース】。

 

 

千葉県の御宿で繰り広げられる10マイルレース。

 

 

f:id:watakenken:20170214203646j:image

 

 

海岸沿いを走るため、山道だけじゃなく、

砂浜も走り抜けます。

ラクダはいません。

 

電車を乗り継ぎ会場の御宿駅へ。

 

 

 

f:id:watakenken:20170214204307j:image

 

f:id:watakenken:20170214204319j:image

 

 

めちゃくちゃいい天気。

早速着替えて会場へ。

 

 

f:id:watakenken:20170215060405j:image

 

 

f:id:watakenken:20170215060413j:image

 

これ、スタート地点から撮った様子です。

海の見える砂浜からスタートです。 

ラクダはいません。

 

今回は、走りながら写真を取りまくってブログに載せようというファンラン気分で

参戦したのですが、

 

 

気がついたらガチモード。

 

 

 

しかも普段から走り込みの量が少ないのに今回はさらに練習不足を痛感。

走り始めてからしばらくペースにのれない。

 

 

登りがきつい。

 

下りがつらい。

 

 

テクニカルなコースでも無いのに苦戦する想定外の展開。

 

 

レース後半に、ようやく自分のペースを取り戻してなんとかゴール。

 

 

結果、

 

 

1時間12分30秒

 

総合17位(30代男子の部    6位)

 

練習不足のくせにハイスピードレース展開にくらいつけました。

写真は撮れなかったけれども。

 

 

いや、もういいよね。

 

1位に輝いた方は、何と今年の箱根駅伝10区、区間賞に輝いた選手。

 

スタートから500mくらいまではレースの先頭集団にいた自分。

 

箱根の選手とは気がつかず、喰らいつけた自分を褒めてあげたいと思う。

 

しかし、練習不足の中、無理にペースをあげた代償は大きく、

翌日かなりの筋肉痛。

 

 

次回レースに向けて精進します。

 

 

 

 

 

 

 

【クライミング日記】 初めてコンペに参加してきた件 その2

初めてコンペに参加してきました。

 

出場したコンペは、船橋ロッキーのBEAST

 

f:id:watakenken:20170208061945j:image

 

 

 

受付をすませ、

 

早速奥の更衣室へ。

 

ブルーシートでコンペ会場と選手控え室が

遮られていました。

 

「なるべく課題を見ないようにして、進んでください。」(店員談) 

 

とのことなので、写真なんか撮ってる余裕も無し。

 

 

 

更衣室に入ってみると、自分の参加するクラスよりもはるか上の選手が待機中。

皆、殺気たってる…。

 

 

出場する時間帯の1時間前くらいから待機している選手もいました。

入念にストレッチをしたり、

長ものと呼ばれる課題に取り組んで、アップを行なっていたり選手によって様々。

 

初参戦・初ロッキー船橋の外様・初心者クライマーな自分は、

部屋の隅で細々とアップを進めました。

 

 

出場時間になると、

「出番ですよー。」

と、店員さんから呼べれ、いざ会場へ。

 

1課題につき、4分間のトライ時間が与えられ、その後4分間の休憩を挟み、それを

合計4課題に挑戦するという内容。

 

普段なら簡単に登れそうな課題でも、人前で登る機会がなかった自分。

 

 

登ってみたときの最初の感想は、

緊張感が半端ない!!!

 

1課題目からスタートできず、焦ってしまい、

なんとか落としたものの、そこでかなりの疲労を溜め込んでしまう。

 

2課題目は初撃で落とす。

 

しかし、3課題目以降はかなり難易度が高めに。

手に足と呼ばれるムーブが必要な課題や、

スラブ系とケイブ系のどちらのムーブも必要な課題が出てきました。

 

 

 

撃沈。

 

 

初コンペは苦いものに。

 

 

f:id:watakenken:20170208204956j:image

 

 

休憩中に見た景色。

課題に挑戦していた時間合計16分しかないのに、

マジで疲れた。

 

…精進します。

 

【クライミング日記】初めてコンペに参加してきた件 その1

 ボルダリング初めてから約1年。

はじめてコンペに参加してきました。

 

 

 コンペ
1.
ゴルフで、競技会。
2.
建築で、一定の課題を出して複数の設計者に競わせること。競技設計。
▷ competition から。

 

参加したのは、Rockyクライミングジム船橋で毎月行われている

BEASTというコンペ。

 

f:id:watakenken:20170205080057j:image

 

 

詳しくはこちらから 

BEAST BOULDERING SERIES/BBS blog

 

 

今回参戦したコンペの形式がこんな感じ。

 

 

◆オンサイトベルトコンベアー方式とは◆
競技開始まで課題を下見することは出来ず、アイソレーションルームという決められた場所でそれぞれの競技時間まで待機します。登る直前まで課題を見ることはできません。
自分の競技時間になると呼び出されます。
そこから4分間という制限時間の中で初めて見た課題に一人で向き合います。
つまり、参加する選手は1人でその課題も壁も占領する贅沢な空間に解き放たれます。
そして、セッション方式とは違いたくさんの選手がいる中で課題の順番待ちをすることもありません。
また、たった一人の選手が1つのエリアにいるだけなので、仲間内での撮影も応援もストレスなくできます。
選手は与えられた4分間の中で課題を見て戦略を立てて完登を目指します。
4分経ったら4分の休憩をはさみ、また初めて見る次の課題に4分間トライ。
それをBBSでは合計4課題分繰り返します。
順位は4課題の中での完登数、完登までのトライ回数、ボーナス獲得数、ボーナス獲得までのトライ回数で優劣をつけます。

 

初心者1人でも気軽に参加できました。

今回参加したクラスがファンクラス。(6級から4級)

 

普段のロッキーなら、4級課題も落とせているし、3級課題も落とせていたので、

余裕だろうと思い、参加。

 

 

 

まずは、電車で船橋駅まで乗り継ぎ…

 

 

到着。f:id:watakenken:20170205080832j:image

 

 

受付を済ませ、待機室へ。

 

中は、写真が撮ることすら許されない緊張感。

出番1時間以上前から待機している選手もいました。

自分の甘さを痛感。

みんな殺気だってる。

アップ入念に行っている。

すぐに自分もアップ開始。

 

10分ぐらいアップをしていると、

スタッフさんから呼んでもらいました。

 

「出番ですよ。」

 

そこで、早速会場へ。

課題と初お目見え。

え?これ4分以内に登るんですか??

6級から4級課題と聞いていたのに、これ難しいすよね?

 

という課題。

写真撮れなかったので脳内イメージはこんな感じ。

f:id:watakenken:20170205081613j:image

 

いや、ちょwww

 

 

続く

草野球会の練習会というイベントで感じた合コンに近い気持ち

 草野球会には、「練習会」と呼ばれるイベントがある。

 ネットでメンバー募集し、集まった即席のメンバーで練習をするのが練習会だ。

 

集まるメンバーは様々。

 

 

野球が上手くなりたい

今日、自分のチームの試合がないから参加しました

普段練習できない大地震をやりたくて

初めて野球やります

久しぶりに始めました…

 

 

などなど。

 

 

そうした色んな動機を持ち集まって野球をするのだけれども、

初対面であることが大体なので練習会の最初は、人の様子をみながら行われることが多い。

しかし、みな共通して大人になってまで野球の練習がしたいという欲しがりな変態ばかり

なので、徐々に打ち解けていく。

 

練習会終了近くには、もう長年チームメートだったんじゃないかと勘違いするくらいに

練習会参加メンバーで打ち解けていることもあります。

だが、練習が終わり、着替えるとなぜか急によそよそしくなり、

しれっと解散してしまう。

 

 

 

 

あれ?さっきまであんなに話していたのに?

連絡先交換してみたかったのに??

なんだ、この失敗した合コン感。

俺の何がいけなかったんだ???

 

 

 

…草野球練習会は、色んな人々と知り合える機会であり、

言い換えると野球を通しての人材交流会的な側面も持っているので、

参加したなら1人ぐらいとは、知り合いになっておくといいのではと思います。

 

積極的にコミュニケーションをとり、

普段できないプレーにチャレンジし、

他の選手からプレビューをもらってみる。

 

下手に100本ノックを受けるよりも、そっちの方が、

他人から見られる緊張感もあり、

集中力も増して、練習にも気合が入ると思います。

 

個人的には、上手くこの練習会を企画すると、

草野球会でも大きなイベントが起こせるコンテンツになるのでないかと思っています。

人材交流もできて、

野球もできて、

費用もそんなにかからない。(グラウンド代ぐらい)

もっと、練習会参加でメリットあるはず。