草野球ブログ 〜千葉・東京のどこかの河川敷にいます〜

日常のあらゆる出来事を野球に絡めながら綴る。たまに別の話題も

98年に想いを馳せる。

 

 

 

日本のhiphopシーンを観ても、

ここ最近は90sを意識したファッションやMVが

多めなような気がしています。

 

 

 

 Ryohu - All in One (Official Music Video) - YouTube

6th Generation / Stay Up feat. IO & HUNGER - YouTube

HANG × 唾奇 / i Believe (Prod by. Sweet William) - YouTube

 

 

90sは、自分が幼稚園から小学生っだった時。

そんなようやく物事の分別が付いてきた時期のものがまた、

今の世代の子たちに注目されてきているというのは、不思議な感覚。

 

 

そして、昨日出会った写真アプリのhuji cam。

写真を撮るだけで98年代ぽく写せるという触れ込み。

 

 

 

 

 

 

このくっそ絶妙なレトロ感が面白い。

今週末の野球などで、写真を撮りためて編集し、どこかで披露する場を持ちたいと

考えている。

 

 

そんなことを考えていたら、98年という年は野球界にとっても重要な年だということに

気づいた。

 

横浜ベイスターズが38年ぶりの日本一になった年だ。

 

小学校低学年の頃にはFAが解禁され、

金を持ってる球団は選手をかき集めるだけかき集め、

金のない球団は搾取され続けるという構図が

幼心に強く焼きついていた。

そして、当時のベイスターズは、選手を取られる事はなかったけれど、

弱小球団というイメージがぴったりだった。

 

 

しかし、自前で獲得した選手を鍛え上げ、気がつけば

1〜8番打者まで気が抜けないマシンガン打線を構築し、

先発、中継ぎを整備して、

大魔神、佐々木をクローザーに控えさせ、

勝利へのパターンを観ている側にも分かるようにして、

日本一をかっさらっていった。

 

その時の選手の年齢は、20代前半から中盤。

 

 

ローズでさえ、31歳。

 

 

その時の選手たちより年齢がいつのまにか上になっていた。

 

ローズとは同い年になっていた。

 

そんなことを考えていた昨夜、

 

自分はもっと頑張らないといけないんだと思った。

 

 

 

 

 

 

 

大会に出ようと決意してから、練習計画を立てて、表彰台に上がれた話

KASHIWAリレーマラソンに出場してきました。

 

 

 

表彰台にも上がれました。

出る大会を決めてからそれに合わせて練習しました。

意外と、これが大事だと思います。

なぜなら、練習してから大会に出ようという発想だと、

いつまでたっても大会に出ようとは思わないからです。

 

 

 

大会に出場しようと思ってから、改めて自分のフォームと理想のフォームの研究を開始。

楽に速く長く走れるフォームを模索。

 

 

 

 

結局、今回走りについて、もう一度見直したり、研究したりすることができました。

大会に出場すると決めてから、

インプットの量、それに伴っての練習の質も充実していました。

頭の中でフォームを再現しつつ、再現しようと日々トレーニングを積むことができました。

そこで、当たり前のようなことに気づいちまった…

 

 

 

 

前回の記事の中でも書いたけれど、

どうなりたいかを思い描いてトレーニングを進める。

その過程で、いろんな物を吸収し、自分に合わなかったら捨てていって、

結果として、なかなかいい記録が出たのだと思います。

 

この1つの成功を野球を含めてほかのスポーツはもちろん、

仕事以外の他ジャンルにも応用し、

再現性を高め、

どんな結果が出るのかを今求めている自分がいる…。

 

f:id:watakenken:20171114225155j:image

 

 

ああ、もう野球がしたい。

どこまでやれるかで練習するよりも、どんな風になりたいかを求めて練習する方が大切だと思う。

 

 

 

先日行われた練習試合後の恨みのツイート…

まだまだ大人になってもやれんじゃねーか…

 

というより、大人になった方がやれることあるんじゃねーか。

と思っています。

 

 

これから野球界はオフシーズンに入ります。

オフシーズンになると風物詩のように、

いろんなところで猛烈に練習しているシーンを見かけます。

 

 

それが、果たして本当の練習になっているのだろうか…

 

 

中には練習の目的自体が、

自分をどこまで追い込めるのかという感動ポルノまがいのトレーニングになっているのではと

思うことがあります。

 

その猛烈な練習やトレーニングの中に、

自分はこうなりたいからこの練習を行っているという意志があるならばいいけれど、

 

全くそこに意志が無いのに練習参加したり、

意志が無いのに、練習参加させられたりしたら、

 

時間の無駄になってしまうのではないでしょうか。

(体力は尽くし、やりきったぜ!!という高揚感は残るので、全てが無駄では無い。)

 

 

個人的にこのオフシーズンだからこそ、思うことがあり。

それは、自分がどうなりたいかを考えること。

 

どのレベルで野球がやりたいのか、

どんなプレーをしたいのか、

どこ守りたいのか、

どこ打ちたいのか。

 

しっかり考え抜くこと。

 

監督さんの指示に従います。

 

みたいな発想じゃあ、監督も使いづらい。

何より、そんな指示待ちみたいな発想じゃあ、仕事でも使えない。

物事に取り組む時には、自分の意志を入れて取り組んだ方が、

新しいことを吸収しやすくなる。

 

いろんなトレーニング論、練習法は今やTwitteryoutubeからもゲットできる。

 

せっかくのオフなのだから、

ゆっくり本を読んだり、

普段行かないところに行ったりして、

自分がどうなりたいかに時間を使いたい。

そして、猛烈に練習に取り組みたい。

 f:id:watakenken:20171111163605j:image

野球がやりたい…

 

 

【たかくさ】に出会って6年。

 

 

 

「たかが草野球」で人生が変わる

「たかが草野球」で人生が変わる

 

 

youtubeでもクーニンTV観てきた自分としては、

今日のクーニンズ対バンバータは、本当に面白かった。

草野球最高峰の試合。

レベルが本当に高いチームのぶつかり合い。

 

 

てっぺんのチームのぶつかり合いを観戦することで、

ゴールへの方向性と、

自分の可能性がみえた試合。

 

やりたいこと、

やらなければならないことがメモ帳にいっぱいになる。

 

もう本当に、

観てても野球がやりたくなる1試合でした…

 

 

才能の言語化

 

 

最近気になってしまったことについて。

 

現在、野球界にも少しずつ科学的なアプローチでプレーを分析し、

 

再現性を高めようという動きが出て来ている。

 

しかし、未だにそれらがアマチュアレベルでは広く浸透していないのが現状だ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、口を揃えてこういうセリフが出る。

 

 

長打が打てるのは才能。

 

肩の強さは才能。

 

脚の速さは才能。

 

 

才能がある奴だから出来ること。

 

 

…と、何でもかんでも決めつけて

 

やれることしかやらなくなる。

 

そうすると、プレーヤー自身も同質な選手だけになってしまい、

 

結局みんなどっこいどっこいになってしまう。

 

そんな、チームがいわゆる才能を持っている人がいるチームに勝てるはずがない。

 

というより、【才能があるからこそ出来ること】と諦めてる時点で、

 

勝てないし、練習している意味が無い。

 

 

じゃあ、どうするかと考えて行った結果、

 

やはり

 

 

長打を追い求めたり

 

肩を強くしたり

 

脚を速くしたりするしかない。

 

それが今の時代なら可能だ。

 

専門的なトレーナーの情報が今では

 

kindleunlimitedで簡単に見つかったり、

 

Twitterでは動画や情報がタイムラインにいっぱい上がっている。

 

そこから自分に有益な情報を汲み取り、

 

自分なりに情報を咀嚼して、

 

トレーニングを詰め込んで行けば、

 

能力が上がる。

 

練習を積んでいけば、

 

技術として身につく。

 

才能という一言で諦めるのではなく、

 

才能と呼ばれる物を、できれば

 

技術と呼ばれる誰しもが適切なアプローチを踏めば身につけられる再現性ある形にまで

 

落とし込んでき行きたい。

 

メンタル面もフィジカル面も学び直して

 

使いこなせるようにしたい。

 

才能を言語化できるように身体と共に言葉も磨く。

 

 

 

 

台風が近づいても野球はできる。

 

 

先週末に日本列島を襲った台風21号の影響で、

 

草野球の聖地、大宮健保も。

 

荒川河川敷も。

 

流山河川敷も早々に使用不可となり、

 

今週も野球の活動ができなかった所が多いようです。

 

 

こいつが全ての元凶。

 

 

 

しかし、昨日は神石井公園にて一ヶ月ぶりの野球をやることができました。

 

4番、レフトで先発し(途中から捕手)

 

3打数1安打1打点と、最低限の仕事をこなす。

 

 

 

 

 

というか、野球久々すぎて、それしか打てず。

 

 

ボールとの距離感、

 

タイミングの取り方、

 

捉えた!!と思った辺りをミスショット…

 

 

いや、マジで課題が多すぎる。

 

 

定期的にプレーをしていないと、

 

感覚がズレてミスが多くなる。

 

逆に言うと、その感覚に頼っていた部分をはっきりと言語化できるようになれば、

 

それは技術となり、

 

自分の成長へと繋がる。

 

これから、少し昨日の野球の反省を行い、

 

課題を整理していきます…。

 

野球の練習法について

 

 

野球の技術向上させる方法に新しい波が来ている。

 

昭和に生まれ、

 

雪国で育った自分が知っている練習方法は、

 

ひたすら走り込むのと

 

ひたすら素振りと

 

ひたすら筋トレと

 

ひたすらノックだけだった。

 

それが、今ではyoutubeTwitterなどの登場により、

 

いろんな野球動画が観られるようになった。

 

座学でプレーが学べる時代になった。

 

実際に身体を動かして身につけるスタイルの練習も必要ではあるが、

 

その練習は、非効率的だし、何のための練習かもよくわからず毎日ただひたすら

 

怒鳴られて終わるだけの練習だった。

 

そして、ただひたすら指導者側から指示(命令)されて

 

【お前は長打が出ない身体だから小技を磨け】とか

 

【試合に出たかったら転がすようなバッティングを磨け】とか

 

【プロは特別だから真似するな】とか

 

わけのわからないまま指導者が扱いやすい選手になろうとしていた。

 

でも、今は違う。

 

あらゆる所に情報が落ちている。

 

Twitterのタイムラインから流れてくるプロ野球選手、メジャーリーガーのトレーニング情報。

 

youtubeでも、侍JAPANのノックやバッティング練習動画が観ることができる。

 

なりたい選手像を自分でデザインして、

 

自分でトレーニング計画を作って、

 

自分の得意なプレースタイルを大きく伸ばして野球ができる時代が来ている。

 

なんていい時代。

 

心底野球を楽しもうと思う。

 

いやー、最高。