週末アスリート 遠征記

草野球、トレラン、フットサル、読書、酒、音楽…そして旅

世界のエリートたちが美意識を鍛えるので、草野球人も美意識を鍛えることにした。

 

 

 

  世界の経営者たちが教養とか、アートを学ぶ理由がいまいちわからなかった。

  単に、ビジネス以外の部分で行われる雑談のために学んでおくのかと思ってました。

 

 

  教養にしてもアートにしても

 

  「お前、それ、よく知ってるやん。」

  「もうちょい教えて!」

 

f:id:watakenken:20170726055552j:image

 

   的な。

 

 

もうてっきりブルジョワ階級の方々の知識のひけらかしのための学びだとも思ってました。

 

 

 

 

f:id:watakenken:20170726055757j:image

 

「パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない」的な。

 

 

 

 しかし、実際はそうでは無く、

エリートたちが美意識を鍛える理由は、もっと深い理由があった。

 

 

エリートたちは、ビジネらの最前線に建ち続けており、

常に重要な判断を下している。

その判断は、多くの人々を巻き込むことにもつながる。

 

 

 

しかし、どれだけ、論理的思考を持ち込み、

根拠を基に判断を下そうとしても、

どうしても判断を下しきれない場合も現実には存在する。

 

 

その時に重要になるのが、直感や感性だという。

 

 

 

著者は、何も論理<直感・感性

と言っているわけでなく、

 

 

論理的思考でも判断が下しきれないときに、直感や感性による判断が

必要になると書かれている。

 

 

なぜ、それが大切なのかを文献や事例などからから詳しく書かれているのがこの

本だ。

 

 

将棋の棋士の方々の本を読んでも、

同様なことをおっしゃっていた。

 

 

最後は直感だと。

 

 

 

野球でキャッチャーをしていても、

 

 

投手をリードする際に

 

 

そのリードの根拠は??

 

などと問われる。

f:id:watakenken:20170726060943j:image 

 

 

 

確かに根拠のないリードは危険である。

しかし、これだけ情報が多く溢れている時代、

キャッチャーの配球の定石もある程度知られるようになってしまっている。

 

 

著者のいう正解のコモディティ化

 

 

逆に根拠なる配球が相手の狙い球であった場面も多くなってきている。

それを防ぐためにも、美意識を鍛え、

自分なりの直感や感性を伸ばして、武器にしていく必要があるのだ。

 

 

まとめ

情報が多いと正解のコモディティ化が起きる。

そこから抜け出すにが一人一人の美意識。

だから、エリートたちは今日も学び続けている。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

やりたいこと夏

リーグ戦が昨日、一つ終わった。

 

 

5戦全敗し、最下位が決定した。

 

 

チームとして納得いかない結果。

 

 

全敗のうち、全て対戦相手は格上。

 

 

 

そこに食らいついての全敗。

 

 

個人的には、バッティングも守備も盗塁も通用したので良かったけれども。

 

 

格上のチームを倒すということを考えるならば、

 

 

プレーのレベルをもう少し上げることも必要だし、

 

 

選手として、人として、視野を広げることが大切だと思う。

 

 

大人になり、働いている以上は難しいけれども

 

 

一週間くらいどこかに閉じこもって、

 

 

たくさんの本を読んで(ジャンル問わず)

様々な人の思考を受け入れて、人としての視野を広げ、

 

涼しくなる朝や夕方に、

フィジカルを徹底的に鍛え抜いて、

 

 

もう一段階、選手としてのレベルを上げたい。

 

 

そんなことを本気で思っている夏…

 

 

機会をみて実行しようと思う。

社会人から草野球を始めた人に最初に取り組んでもらいたいプレー3選

 

 

f:id:watakenken:20170723083306j:image

 

会社や友人関係の付き合いだったり、

 

興味で参加してみたりして、

 

草野球を始める方がいます。

 

しかし、大人から始めるのは難しい。

 

そう考えられる理由がいくつかありますが、

 

 

主に、①細かいルールが難しい。   ②投げる、打つ、捕るという動作が難しい。

 

この2点に集約されると思います。

 

 

しかし、参加する以上は、チームの勝ちに貢献したい、もしくは

 

 

迷惑をかけてくない!!!

 

 

とか

 

お荷物なんかになりたくない!!!

 

 

 

 

 

 

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

 

 

 

 

 

という、坂を誠司くんと一緒に自転車を押して駆け上がる雫ちゃん的な想いを

持たれる方も多いはず。

 

そこで、少なくともシーズン50試合以上を闘い、複数チームに所属し、助っ人の旅も行なっている

僕が考える、明日からでも通用する、

 

 

草野球初心者に実践してもらいたいプレー3選、まとめました。

 

 

 

1   守備の時に声を出す。

   何だ?そんなこと??

 

  と言わずに。

 

 これ、大切。声を出す。

 

  初心者だからといって、遠慮する必要はありません。守備の時に、声を出してください。

 

  守備の時に声を出すメリットとして、

 

  1.   チームの雰囲気をよくする。
  2. 緊張をほぐす。
  3. 投手を盛り上げる。
  4. アウトカウントや、次に行う予定のプレーの確認を行える。

 

 の4つがあります。

 特に、1を意識してください。

 例えばエラーなどのミスをすると、チームの雰囲気は悪くなります。

 それなのに、声を出さないで参加し続けると、反感を買うことになります。

 野球をやっている人たちは、声を出す人に寛容です。

 初心者にエラーはつきものだから、せめてチームの雰囲気をよくすること

 を意識してプレーしてください。

 

 

2 打てる球をフルスイングする。

  よく、初めて打席立つ人で

 

 ボールをよく見て打とうとする。

 

  人がいますが、ボールをよく見て打つのは、難しい。

 

  それよりも、自分がバットを振りやすいところにボールが来るのを待つのがいい。

 

  それ以外のところは、三振してもいいから振らない。

 

  変にボールにバットを当てに行くだけでは、打てませんし、怖くない。

 

  それよりも、自分が打ちたい球が来た時にフルスイングされたら怖い。

 

  今の軟式野球は、ボールが飛びやすいバットになってるし、

 

  大人がフルスイングすると、ボールは簡単に外野まで飛びます。

 

  また、自分が打てない球からと見逃していた方が、

 

   相手投手の球数を増やします。

 

   ぜひ実践して見てください。

 

   打撃動作については、こちらをどうぞ。マサカリ木俣の野球教室~バッティング編~ 第18回-WEB野球教室-スポーツ・イベント情報|ヒマラヤ himaraya

 

 

 

  3   塁に出たら盗塁する

  意外と初心者でも盗塁はできます。

  ある程度、レベルが高くなると、キャッチャーの肩が強かったり、投手の牽制が上手だったり

  します。でも、そんなに上手なレベルなら

 

 

     初心者誘われません。

 

    遠慮せずに盗塁狙いましょう。

 

    盗塁は、足の速さは関係なく、

 

    勇気と覚悟があれば誰でもできるプレーです。

 

   塁に出たらねらってみてください。

 

 

  まとめ

 

初心者でもできるプレーはある。

初心者だからこそ、できるプレーに全力を注ぐ。

楽しい草野球ライフを!!

 

  

 

 

 

 

 

真夏に走り込んでいる僕が紹介したいランニングイベント4選

暑い。

 

 

 

アツイ。

 

 

 

atsui!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

毎度思う。

 

 

関東に移り住んで10年以上経つが

本当に暑い。

 

 

高温多湿。

 

 

汗っかきな僕は、

 

毎日死ぬんじゃねぇかと思うぐらい

 

汗をかいている。

 

そして、

 

周りから

 

こいつ大丈夫か??

 

 

とか

 

女子高生から

 

うわ!汗すご!!

 

とか

 

汚!!

 

とか思われているに違いない。

 

汚!!

 

もはや、何て発音すれば良いのだろうか…

 

 

そんなうだるような暑さの中、

 

絶賛夏のRUN強化月間と個人的に題して、

 

走り込んでいます。

 

 

【汗っかき】+【走りこむ】+【真夏】=死にに行ってる

 

 

という計算式が脳内の片隅にありますが、

 

 

秋の涼しくなった頃に、

 

 

様々な大会に出場しようと

 

思っています。

 

 

 

個人的に狙っている&出場したい秋のランニングイベント

 

  1. AKITA Trail Run Festival in まんたらめ2017

       f:id:watakenken:20170722063840j:image

 

地元・秋田で開催されるトレイルランの大会。

すでに4回目。

機会に巡り合わず、今年こそは出場したいと思っている大会。

前夜祭などもあり、ぜひ秋田のランナーたちと交流を深めたい。

 

2.  手賀沼エコマラソン

f:id:watakenken:20170722064153p:image

 

が、画像が…

千葉県柏市我孫子市にある手賀沼で開催されるハーフマラソン

走りやすく、駅からも近く、大変人気。

すでにエントリー受付は終了。

 

 

 3.陣場山トレイルラン

神奈川県・山梨県東部トレイルラン連絡協議会オフィシャルサイト:第17回 陣馬山トレイルレース

 

17回迎える大会。

高低差も少なく、距離が短いので初心者でも充分に走れるコース。

これも出てみたいレースの一つ。

 

 

4.第3回TOKYO八峰マウンテントレイル

f:id:watakenken:20170722064926j:image

 

秋ではなく、12月20日に行われますが…

年末に行われる大会。

走り納めにはもってこい。

東京トレイルランシリーズの最終戦です。

今年はまだ40km以上の大会に出場しておらず、

走り込んで、足を強化して、この大会の出場に繋げたい…。

 

 

 

 

まとめ

秋以降の大会で結果を残すためにも、今、走り込んでおくべき。

汗っかきには辛い時期だが…【肉体的にも精神的にも】

 

 

 

 

草野球はマネジメントにも通づる。

草野球チームに所属していても

組織は組織。

 

 

いかに、下を育てるかが中堅どころの課題。

 

 

初めて職についた新卒とは違って、

ある程度の経験を積んできた奴らが所属している。

 

草野球チームのマネジメントは、そういう中で行なっていかないといけない。

 

だからこそ後輩にかける一言一言考えないといけない。

中途半端なアドバイスや、

ありきたりなアドバイスは見向きもされない。

 

 

こっちもそれなりに成果を出して、

勉強して、

言葉考えて、

伝えていかないと強くならない。

 

 

休日に野球ばっかりやってると思われていても、

休日になっても仕事に繋がるくらいに頭を使っている。

休んでいる暇は無い。

組織がより全体に進めるように、

個人であっても組織の言われたどおりでなく、

利益を上げられるように。

たかが草野球でも、

本当に奥が深い。

【読書】人生の勝算を読んだ

 

人生の勝算 (NewsPicks)

人生の勝算 (NewsPicks)

 

 

昨日購入して一気に読了。

 

 

ストリートミュージシャンの経験から

 

 

SYOWROOMというアプリを開発した筆者。

 

 

個人的に読んで自身のためになった点は

 

  • 実際の経験から仮説を立てて、ビジネスに活かしていくこと
  • 伸び代がある人が応援されるということ
  • 人間的な魅力の方がスキルより大切だということ
  • 次に来るのが動画コンテンツということ
  • 個人が努力次第で、報われるということ

 

 

簡単そうに思える部分もあり、

自分でも心構え一つで変えられそうと思う部分もあった。

しかし、考えてみると当たり前のことを当たり前にやるのが難しい。

 

一部の天才を除いて、できるやつの凄さは、

 

 

そもそもの持っている物がハイスペック

 

だということ。

そして、それは初期設定からハイスペックだったわけでなく、

日々の積み重ねによるもの。

 

 

読むと、胸が熱くなり、頑張ろうと思える。

当たり前のことを書いているように見えるが、

結局適切な努力が必要。

 

やりきろうと思う。

教え方で必要だと感じたこと

 

 

f:id:watakenken:20170715224908j:image

 

 

炎天下でも野球をしてきました。

そこで知り合った方で、

大学まで野球をやられていた方と仲良くなった。

 

 

 

話題は高校野球

 

 

その時の監督の話で印象的だった言葉が

 

 

球が速い、走れる、遠くに打てる…それが何だ??

 

だったそうです。

つまり、野球バカになっても社会に出たら、そんなん金にならないぞ。

という意味。

 

教え子たちから野球を取り上げたら何も残ってない…そんな人間にはなって欲しくない

監督さんの教えだったらしいです。

 

練習の内容も量より質。

 今の自分の長所と課題を分析させて、課題を意識しながら練習

していたそうです。

 

 

球が速くなくても、足が遅くても、打てなくても

 

課題克服へ向けて考える力を伸ばしたかったそうです。

 

 

 f:id:watakenken:20170716065412j:image

 

今、小学生に陸上を教える機会に恵まれていますが、

指導についてが非常に難しいと感じています。

 

練習メニューを与えて取り組ませるだけではダメ。

 

子ども一人一人の走りや、足りない部分を見つけて、

長所が無くならないように

 

しかも

 

子供から取り組んでみたくなるようにすることが必要。

 

 

そに指導方法に具体化の一つに先ほどの高校野球の監督の

 

今の自分の長所と課題を分析させる。

 

という手立てが必要なんだろうな。

と思って話を聴いていました。

 

教えてもらうという受け身の姿勢で練習に取り組んでもつまらない。

だったら、長所と課題を明らかにして、課題解決のためのトレーニングを紹介し、

どれをやりたいか子どもに決めさせてトレーニングさせてもいいのかもしれない。

 

 

小学生相手の場合なので、課題分析には大人がかなり手助けする必要があると

思いますが、

小学生でもできる範囲で取り組んでみようと考えています。

そして、その課題解決のために考える経験が、大人になってからも必要だと思う。

 

陸上取り上げたら何も残ってないような人にならないでほしいなぁ。