草野球ブログ 〜千葉・東京のどこかの河川敷にいます〜

日常のあらゆる出来事を野球に絡めながら綴る。たまに別の話題も

台風が与えてくれた読書タイム。そうだ、スキルを伸ばそう。

 

 

 

台風で野球が中止になり、心の中が荒れに荒れている3連休。

心を落ち着けるためにも最終的に読書すると決意。

 

 

 

 

読んだ本はこれ。

 

 

 

アスリートとして一回り成長しようと読み始めたが、

ビジネスマンとしても一回り成長できそうな気がしてきた。

 

 

スキルを伸ばすためには、そのスキルを支えるサブスキルを特定する。

そして、内省を繰り返す。

学習のループを螺旋状にして、スキルを伸ばしていく。

 

 

当たり前のように思えるが、意識しないと忘れがちなことである。

 

闇雲に練習しても上手くならない。

身体を動かさず、考えて成長する時間も必要なのだと自分に言い聞かす。

 

しかし

 

 

 

 

野球やりたい。

 

フライボール革命

https://youtu.be/vLXfGnMBfLs

 

 

高校野球に何が?過去最多本塁打の理由は「下半身の強化&食事&フルスイング」 - YouTube

 

 

1 本塁打が激増した高校野球MLBについて 

打高投低と言われた高校野球

 

海を越えたメジャーリーグでも、ホームラン数が急増している。

 

今までの打撃の基本は、

 

ゴロ、ライナーを打て!!

 

が基本だったのが、今や、少しずつ

 

 

フライを打て!!

 

という教えに変わってきている。

 

厳密にいうと、フライ=打ち上げろ

 

という意味ではなく、

 

強いスイングで速い打球のフライ

 

という風に言い換えられるかもしれない。

 

 

2  変化を恐れずに

 

 

 

 

 …上記二つ、何の脈絡も無いように見えて、個人的にはあります笑。

要するに今まで当たり前だと思っていたことも、疑ってみて、自分のやってきたことと

少し異なることお受け入れて取り入れみよう。

 

ということ。

 

何も、野球だけじゃなく、生活の中でも今までの考え方を

一変させる物がこれからも出てくるだろう。

 

そういう新しい物にとびつけ続けられる人でありたい。

 

 

 

 

自分より上手いやつと練習することは、さらに自分が上手くなることにつながる。

 

 

 

 

 

 

 

…というわけで、最近は、練習会にも参加してます。

 

 

最近行ったのが錦糸公園での練習会で錦糸町へ。

 

 

 

f:id:watakenken:20170825094946j:image

 

 

 

その練習会に参加してた方々の数名が、

草野球会でも最強クラスの天晴や、東京バンバータ、クーニンズとの

対戦経験ありということでした。

そレベルの方々と対戦するということは、所属しているチーム自体のレベルも

かなり上な訳で。

 

 

実際に、一緒にプレーさせてもらったけれども、

自分のプレーがちんちくりんに感じてしまう。

 

 

だけれども、自分の何がダメなのか、はっきりと弱点を知ることができた素晴らしい機会。

 

 

課題を修正しつつ、

修正するだけでなく、

自分の得意プレーをさらに伸ばして、

上のレベルでも通用するする選手像というものを構築していかないと、

ガッツリやっていけない。ということを認識。

 

 

あー、もうちょいトレーニングを積もう。

 

 

 

 

と言う訳で、ガッツリバッティングセンターでの打ち込みも取り入れる。

 

 

身体、しばき上げてます。

 

 

 

自分が上手くなるというこちは、弱点を無くすということだけでなく、

さらに長所を伸ばして、新しいプレースタイルを創るということ。

やらされる練習ではなく、

自分たちが必要だと感じた練習を行うこと。

 

練習会参加してみると自分のプレーの幅が広がります。

 

 

 

と、この本を読みながらふと考えました。

 

 

 

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

 

 


 

 

 

 

 

 

【「あなた」という商品を高く売る方法】は草野球運営にも活きる本。

 

 

 

 

 

キャリア戦略の本。

草野球チームの運営という目線で読んでみた。

 

 

草野球チームの運営は難しい。

野球が好きという共通点はあるものの、

初心者から大学までのやってましたよ!という経験者までレベルがバラバラだったり

とりあえず楽しければいいんじゃね?からガッツリ勝つためにやるんだろう!!だったり。

 

週末の休日を潰して野球をやりに集まっているため、

チーム運営はかなり難しいと思います。

 

実際、草野球チームが発足されてから解散に至までは約3年と言われてます。

 

 

そんなチーム運営に悩んでいる人にもこの本は、オススメ。

特に 第7章のセンスメイキング理論のところだけでも必読。

 

 

ざっくりセンスメイキングをまとめると…

物語を作り出し、それをみんなが信じて進み、不可能なことも可能にするということ。

 

チーム運営にストーリーをもたせて、

まとめていくのには、この理論が使えそうです。

 

 

 

 

主に、セルフブランディングについての本でありますが

チームのブランディングという観点からも参考になります。

運営を楽にしていくには、ある程度方向性が同じ人たちが集まった方がいい。

そして、そのためには、そのチームに入団したくなるだけの良さが必要。

 

そうした、草野球的視点からも参考になる一冊でした。

 

 

阿部慎之助の2000本安打は、今後出てこないくらいの偉業だと思う。

「巨人の歴代4番打者」リストに見る、阿部慎之助2000安打の凄さ|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 

 

ジャイアンツの阿部慎之助選手が2000本安打を達成した。

過去にも2000本安打を達成した選手はいるが、

 

 

 

この2000本安打の達成は本当に凄いこと。

 

 

 

なぜ、凄いのか解説していきます。

 

 

 

【キャッチャー】としての2000本安打

主にキャッチャーとして2000本安打達成
野村克也(南海・ロッテ・西武) 2901安打
谷繁元信(大洋・横浜・中日) 2108安打
古田敦也(ヤクルト) 2097安打

 

阿部選手以外の捕手の2000本安打達成者です。

(最近はファーストを守る機会が多いけれども)

 

阿部選手を含めて4人しかいません。

野球をやっているとわかると思いますが、キャッチャーはかなり重労働です。

主に

  1. ピッチャーのボールを捕る。
  2. 配球を考える。
  3. 得点を与えないようにランナーを警戒する。
  4. 盗塁を仕掛けたランナーをアウトにする。
  5. 守備陣に指示を出す。
  6. ボールを逸らさないように止める。
  7. 内野のカバーリングをする。

 

…とざっと挙げてもこれくらいの仕事があります。

本当はまだ多くの仕事があるけれども。

草野球でやったことある人ならわかるはず。

 

 

かなりきつい。本当にきつい。

(夏にキャッチャーをやると僕は、1試合で3kg体重が落ちます。)

 

 

このキャッチャーの大変さは、野球好きな人でも、本当にわかってる人はあまり

いないのではないかと思います。声を大にして言いたい。

 

ただ座ってるだけじゃないんだよ!

チームが勝てるように、常に頭の中をぐるぐる働かせながら、

時には暴投したピッチャーのボールを体で止めたり、

ファーストのカバーリングに行くため、本塁から一塁まで

人が観てないところでダッシュしたりしてるんだよ!!

 

 

ふぅー。

 

試合に負ければ捕手のせい。

と言われてしまうぐらい、チームの勝敗を左右するポジション。

 

超重労働。

超重要ポジション。

 

 

だから、守備力が重視されます。

そんなキャッチャーの中でも阿部選手は2000本という

バッターとしての大記録を達成しました。いや凄い。

 

【巨人軍4番打者】としての2000本安打

 

チームの勝敗を左右するキャッチャーにつきながら、

阿部選手は

 

 

巨人軍

 

という日本の球団史上最も歴史あるチームの4番を務めています。

常に勝ちを求められるチームの4番。

人気があり、それと同時に打たなければというプレッシャーが常につきまとうチームの4番。

 

 

 

4番打者とは、攻撃の中心。

4番が打てば勝つし、打たなければ負ける。

 とまで言われる打順。

 

 

巨人軍に至っては、第〇〇代4番打者というように

他球団と異なって4番打者を格式高くしています。

その分、他球団のエース級の投手から狙われる存在とも言えますが、

 それでもこれだけの数をヒットしてきたのは、本当に凄い。

 

 

 

【感想】

阿部慎之助選手の2000本達成は本当に凄い記録だと何度でも言います。

 

 

 【キャッチャー】で【巨人】で【4番打者】。

 いわゆる【レア人材】です。

 

 

キャッチャーという重労働ポジションで、

巨人という常に勝ちを求められる人気球団の中で、

4番打者として、各球団のエースから常に狙われる立場で、

これだけの成績を残す。

 

 元リクルート藤原和博さんのレアな人材になるという考えからすると、

阿部慎之助はとんでもないレア人材ということになります。

 

 

巨人に入団できるやつがどれくらいいるのだろうか。

 

そこでキャッチャーとして長年活躍できる人はどれくらいいるのだろうか。

 

そこで、今も4番を打ち続ける選手はどれだけいるのだろうか。

 

そして、2000本もヒットを打てる選手がどれだけいたのか。

 

 

もう、今後こういう選手は出てこないんじゃないのかと思います。

 

 

おめでとう阿部慎之助選手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変え続けていかないと成長できないという話。

野球の軟式ボール、硬式に近い感覚に 12年ぶり新公認:朝日新聞デジタル

 

 

 

 

 軟式ボールが変わります。

 

現在、甲子園などで使われているボールは、硬式と呼ばれ、

主に高校野球・大学・社会人・プロ野球で使われています。

 

 

硬くてボールの反発力が少ない分、

打球がよく飛んだり、指にかかりやすいので、ピッチャーの投げる球も速く投げられます。

 

 

f:id:watakenken:20170813183459j:image

※これが硬式球。

 

ただし、値段も高く、安全面から主に草野球で使われるのが軟式球と呼ばれる

少し柔らかい球。

こちらは、反発力も高く、柔らかいので安全なのですが、

飛ばないし、ボールも速くは投げられない。

主に我々の普段行なっている草野球はこちらの球を使います。

 

 

しかし…

 

 

 

来年から…

 

 

ボールが変わります!!

 

 

f:id:watakenken:20170813193142j:image

 

・硬式球に近づきます。

・軟式特有の弾む感じが少なくなります。

・硬くなり、縫い目に指がかかりやすくなります。

 ※   これまでの草野球でお世話になった方々の情報を簡単にまとめました。

 

 

たかがボール変わるだけと、草野球をやったことない人からしたら、なんでもないことでも、

草野球やっている人にとっては、とても大きいこと。

 

軟式=飛ばないボール

 

 

という固定概念が覆されるかもしれない。

このボールが変わるということは、ゲームの構造そのものを覆す可能性があるということ。

 

これからは軟式といえど、

打力を武器にするチームが台頭してくる可能性がある。

そして、現在、メジャーリーグのバッターに注目されている指標、

 

 

 

バレル

 

 

 

の考え方が草野球にも到来するかもしれない。

 

バレルについてはこちらを参照

【新しい打撃指標】バレルとは? | ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

 

 

ゴロ、ライナーを打つことを良しとされて来たが、

フライを打つということも視野に入れていかないといけない。

 

バッティングの調子を崩すかもしれないけれど、

挑戦する価値はあると思います。

 

 

筒変化することは、進化することに繋がる。

たかが草野球といえど、この考えは色んなジャンルにも繋がるはず…

 

 

草野球の平日の練習会の雰囲気は異業種交流にも似ていると思った件

草野球って休日だけのイメージがあるかもしれませんが、

平日にも練習会を行なっているところがあるんです。

 

 

平日に休みが取れたので、

練習会に参加してみました。

 

 

f:id:watakenken:20170811092932j:image

 

千葉から梅ヶ丘へ。

 

 

 

 

 

f:id:watakenken:20170811093026j:image

練習会場となる羽根木公園。

 

 

 

練習内容は下記の通り

 

  1. 各自アップ
  2. キャッチボール
  3. 球回し
  4. ノック
  5. フリーバッティング
  6. 紅白戦

 

f:id:watakenken:20170811093729j:image

 

 

計4時間。

みっちり練習。

 

 

 

平日にまで野球をやりたい人たちが集まっているので、

レベルはやや高め。

 

 

 

それでも、最近野球始めました。

というような人たちもいたので、初心者の自分でも参加しやすい雰囲気。

 

 

お互い、

 

 

「キャッチボールしませんか??」

 

 

と声を掛け合えば大体打ち解けあえます。

普段、交流できない他チームの方と話をするといろんな情報も交換できます。

 

 

 

所属チームの話

チーム運営をどうしているのか

普段どんな練習をしているのか

野球歴はどのくらいなのか

 

 

 

などなど。

 

 

野球の話は永遠とできる。

 

 

と豪語されていた方もいました。

 

 

 

 

特に、最近、話題となるのは

 

 

 

新しい軟式野球ボールについて

 

 

 

軟式野球が変わるとまで言われている新型ボール問題。

これについても後で記事にしたいと思いますが、

各チームの対策が聞けて参考になりました。

 

 

 

最後は、練習会に参加した人たちと食事へ。

 

 

f:id:watakenken:20170811100033j:image

 

 

 

野球の交流会に参加すると

 

練習がガッツリできます。

他チームの方と交流ができて、輪が広がります。

 

 

今よりもう少しレベルを上げたいと思っている人は、

輪を広げに外へ出て行くことが絶対必要。

 

 

それが、レベルを上げる1番速い方法だと思う。